一番硬いダイヤモンドは割れない?

上のの宝石の硬さの話で、一番硬いのは「ダイヤモンド」で硬度10と書きました。
それでは、一番硬いダイヤモンドは傷ついたり割れたりしないのでしょうか?
これには、先程の硬度とは別に宝石の「靱性」というものが関わってきます。
「靱性」とは、鉱物のねばりであって、壊されようとする力にたいする抵抗です。
この「靱性」は鉱物の結晶構造に於いての原子配列に左右され、「靱性」高いほど割れたり欠けたりしにくいという事になります。
ちなみに、鉱業用削岩機や工作機械の工具として最高とされているブラジル産のダイヤモンドの変種で黒ダイヤと呼ばれる「カーボナイト」は最も強靭です。
以下に、カーボナイトの靱性を10とした時の主要宝石の靱性表を作ってみましたが、これを見ても判るように、ダイヤモンドは硬くキズにはなりにくいが、耐衝撃性は水晶等と同等であって、強い衝撃により割れてしまう事があります。
取り扱いには充分ご注意下さい。

宝石名 硬度 靱性
カーボナイト 10度 10
ダイヤモンド 10度 7.5
コランダム 9度 8.0
トパーズ 8度 5.0
ベリル(エメラルドを除く) 7.5度 7.5
エメラルド 7.5度 5.0
ガーネット 7.5度 5.0~6
水 晶 7度 7.5
ジェーダイト(硬玉) 7~6.5度 8.0
ネフライト(軟玉) 6~6.5度 8.0

ページTOPへ

カテゴリー: 宝石   パーマリンク

コメントは受け付けていません。