ダイヤモンドの価値基準

さて、稀少性の高いダイヤモンドですが、大自然の産物である以上、この世に2つと同じものはありません。
そんなダイヤモンドの良し悪しは、どのように決まるのでしょうか?
その基準は、「カラット」「カラー」「カット」「クラリティ」の四つで決まります。

カラット(Carat) ダイヤモンドの重さの単位 1ct(カラット)=0.2g

カラット 0.3ct 0.5ct 1.0ct 1.5ct 2.0ct
直径 約4.3mm 約5.2mm 約6.5mm 約7.4mm 約8.2mm
おおよその大きさ 0.3ctイメージ 0.5ctイメージ 1.0ctイメージ 1.5ctイメージ 2.0ctイメージ

カラー(Color)

DEF GHIJ KLM N~R S~Z
無色 ほぼ無色 かすかなイエロー 非常に明るいイエロー 明るいイエロー

クラリティー(Clarity)

F フローレンス VVSI VSI SI I
無キズ
グレートパーセント
100%
珍品
10倍のレンズでは発見困難なほどの内包物を含む 10倍レンズで注意してみれば発見できる内包物あり 10倍レンズで発見できる1つ以上の小さな内包物がある 肉眼でも発見できる小さな内包物が有る

カット(Cut) ダイヤモンドの美的要素の中で、唯一人工的な要素

3Excellent H&C Excellent H&C Excellent Very Good Good Fair Poor

ダイヤモンドのカットは上記のように分けられます。
中でも、特殊環境下でH&C(ハート&キューピット)が見られるものは、通常のExcellentカットに比べて価格相場も高くなります。
ハートハート  キューピットキューピット

カテゴリー: 宝石   パーマリンク

コメントは受け付けていません。